友人と比較してコンプレックスを抱いた

私は実際にちんこ小さいのが悩みで友人たちと一緒の時に微妙な体験をしました。その時は友人と一緒に遊んで相手の家に泊まるという話が自然に進みました。それで私は一緒に風呂に入って何か話すというイベントに参加したのです。

実際に友人は二人いたので風呂場は小さくで自分は戸惑いました。また誰もタオルを付けていなかったので私はコンプレックスのことがバレてしまったのです。その時に友人がちんこ小さいことをネタにしてきたので心の中ではショックでした。

私はこういった体験をする時にやはり男性ならちんこが大きい方が良いと痛感します。同じ男の間でもちんこが大きいとそこを評価されるので面白いです。私は風呂場では常にコンプレックスで後悔しているので大きくしたい願望がありました。

現実を見ると恋愛でもちんこ小さいことで難しい場面があると思います。またそれらは男性の自信や積極的な態度に関わっているので大切な問題です。私は好きな女性を相手にするなら絶対にちんこが小さいことは隠したいです。

今では手術をすることで男性の部分を大きくできるので試す価値があると思います。またそういったクリニックの紹介も多いので私は興味を持って内容を調べたことがあります。やはりちんこが小さい点は男性として永遠の悩みのように思います。

最近は友人と一緒に遊ぶことが少ないので以前のような恥ずかしい体験はないです。しかし男だけでもちんこ小さいせいで指摘を受けたことは一生忘れないと思います。