アレの小ささで自信が持てず童貞

男ならば誰しもがアレが大きければいいなと思うはずです。実際に女性がそれを歓迎するかどうかは別ですが、やはり男というもの、見栄というものがあります。銭湯や温泉では無意識に人より大きいかどうかを意識してしまいます。

そういう自分の癖や考えは無条件に他の人でも同じように感じるはずだと思ってしまうので、私以外の男性、それだけでなく付き合おうかと思う女性へ対するコンプレックスとなってしまっています。友人たちと旅行に行こうと言われても、平均と言われるものより圧倒的に小さい自分のアレを見せるのが嫌で断ってしまいます。また女の子といい雰囲気になったとしても、ふと冷静に自分のアレを見られたらどんな反応をするだろうと思うと一歩踏み出す勇気を失ってしまいます。さらにそういう悩みを抱え続けているとどんどん不能気味になってしまい、余計に女性といい雰囲気になるのを避けるようになってしまいました。

おそらく一度人に見られたり女性から変な空気で扱われることはないというのを実感できれば、このコンプレックスからは解消されて、すっきりと楽しむことができるはずです。しかしなかなかそれが踏み出せないので堂々巡りに陥ってしまいます。

親友に真剣に相談するととにかく風俗に行くことを勧められました。アレの大きさがどうであっても風俗ならば平等に扱ってくれるというアドバイスです。半信半疑ながらそういうところに頼らざるを得ないのかなと最近は考えています。